不用品回収業の資格や技術などを考えていくサイト

この記事をシェアする

不用品回収業に必要な資格などはあるのか

廃棄物の種類について

「不用品」というのは一般的な言い方で、これを法律的に表現すると「廃棄物」という言葉になります。
廃棄物というとゴミのイメージがありますが、つまりは自身の所有を放棄した物品というということなので、「廃棄物」ということになります。
廃棄物は「産業廃棄物」と「一般廃棄物」に分類され、一般廃棄物は「事業系」「家庭系」「特別管理一般廃棄物」に細分化されます。
産業廃棄物は燃え殻、汚泥、廃油や金属くずなど20種類に分類されたゴミのことを指します。
一般廃棄物の「事業系」と「家庭系」ですが、事業系はゴミを出した事業者が、家庭系は原則として市町村が回収・処理することが定められています。
廃棄物収集は行政の許可が必須であり、無許可の場合は法律にて罰せられます。
この認識は大事であり、つまり「不許可の回収業者に不用品を預けてはならない」ということになるのです。

不用品回収業の概要と一日の流れ

例えば大型の家具を処分する場合は「リサイクル税」として高めの手数料を支払う上に、行政の処分場へ持っていく場合、手間がかかります。
それらの手間を省くために、自宅まで出向いて回収してくれるのが、不用品回収業者というわけです。
概ねの流れですが、まずは不用品回収業者に電話を入れて、「見積もり」を行います。
不正な業者で無ければ、例えば数点程度の回収の場合は、電話口ですぐに費用に関して見積もりを計算してくれますので、必ず行いましょう(くれぐれも、いきなり自宅や会社を訪れた回収業者に、相場や適性金額も知らずに言うがままにお金を払って回収してもらったりすることのないように、気を付けて下さい)。
見積書を貰った場合、必ず内訳がしっかり確認し、人件費や手数料が異様に高く設定されたりしていないかを確認しましょう。



PAGE
TOP